ネズミ駆除ならファインクリーンへ愛知・名古屋・一宮・稲沢

ネズミは、非常に警戒心が強く頭の良い動物です(特にクマネズミ)。
それ故に毒餌やトラップには引っかかりにくく、駆除は困難です。
しかも、最近では薬剤に対して抵抗性のついたスーパーラットまで出現しています。
ファインクリーンでは、そんな困難なネズミも豊富な経験と知恵で完全駆除を目指します。

 

nezu[1][1].jpg

 

ネズミは、非常に優れた環境適応力があり、食生活も散食性で場所を変えながら少量ずつ何回にも
分けて食べます。行動は、頭が良く学習能力に優れ、大変臆病で警戒心が強い。しかし、慣れてくれば
平気で人前でも行動します。繁殖力が強く、年5〜6回ほど出産をし、一回で5〜12匹の子を産みます。

 

 

 

ネズミによる害
 ★衛生上の害(食中毒等)
  ・ネズミの体に付着したダニやノミなどが寄生し、人体に移ることがあります。
  ・噛まれることより、病原菌が人体に入ることがあります。
   (赤ちゃんやお年寄りの指をかじった例もあります)
  ・排泄物から病原菌が人体に入ることがあります。(サルモネラ症やラッサ熱等)

経済上の害
  ・食品がかじられることによる損失。
  ・コード等をかじられることにより、電化製品が動かなくなってしまうこともあります。
   又、ショートして火災が起きたという例もあります。
  ・店舗であれば、イメージダウンによる売上の損失。



施工方法
  殺そ剤・・・当社独自でブレンドした薬剤を使用
  捕 獲・・・粘着トラップ、捕獲器等を使用
  ネズミは、その種類、環境等により薬剤やトラップなどの組み合わせが変わります。
  調査した後に、施工方法や施工期間等のお話をさせていただきます。

 

  • 「巣」やネグラを発見します。建物内のネズミを追い出したり、捕獲します。まず、建物内をねずみゼロという状態にします。
  • 根本は「巣」です。子ネズミ達を捕獲しないと、長期間保証ができません。ネグラも撤去し、住環境を破壊し、住みづらい環境にして、ねずみを建物から追い出します。その上で、侵入口を閉鎖する方式が当社のねずみ駆除作業の基本パターンです。完全駆除後の閉鎖ですので、天井裏や壁の裏側でねずみが死んだり腐敗したりすることがありません。
  •  

     

    事前調査から駆除までの流れ

    @事前調査

    現場により広さや状況など様々ございますので、現状を把握させて頂くためにお見積もりさせて頂きます。
    その際のお見積りはもちろん無料です。
     

         ↓

    Aお見積もり・プラン提出

    事前調査を踏まえお客様ごとに、オリジナルのオーダーメイドプランをご用意いたします。契約内容などご納得いただいてからの施工となります。

         ↓ 

    B初回施工

    経験豊かなスタッフが十分な手間と時間をかけて徹底的に施工いたします。

         ↓ 

    C1ヵ月後

    初回施工後、1ヵ月後作業の確認にお伺いいたします。この時点で調査をし、まだネズミが残っているようであればその部分を再施工します。
    ネズミ ゼロ」を維持する為に定期契約をおすすめいたします。

     

    契約期間中に再びネズミが侵入してきた場合は、何度でも駆除作業をさせていただきます。

    ▲このページのトップに戻る