シロアリ駆除ならファインクリーンへ愛知県、名古屋市、稲沢市、一宮市

ari1.jpg 

 

最近、家で羽アリをみつけたあなたはご注意下さい!!

 

・柱、壁をたたくと空洞音がする

・床がきしむ

・ドアなどの立て付けが悪くなった

・床下基礎の外側に蟻道がある

・最近、近所でシロアリ駆除をした家がある

 

 

シロアリの被害

 地震、風水害、火災につぐ第4の災害といわれているのがシロアリによる被害です。

日本での火災による損害額は年間1,500億円以上といわれていますが、シロアリによる損害額はそれ以上だと言われています。

ところが、シロアリの被害は普段生活している中では気づくことは少なく、建物の外側からはなかなか発見しにくいため、つい見過ごされがちです。

知らないうちに、土台、柱、床板などの建物の重要な部分が食害され、気がついたときはもう手のほどこしようもなかった…というのが普通よく聞くシロアリ被害の発見の経緯です。

こうなってかられは遅すぎます。シロアリ対策は事前の予防処理が大変重要です。

また、住宅の柱、土台等の腐朽やシロアリ被害は、住宅の耐久性や強度を低下させ、地震による被害を拡大することがあります。

あなたがお住まいになっている住宅は、シロアリ被害がありませんか?少しでも気になるよなことを見つけた場合や被害を見つけたらシロアリの駆除とともに被害が甚大な場合は、専門家や補修を行い、地震等の災害に備え、安全で安心な住生活をおくりましょう。 

 

 

 

シロアリの主な種類

シロアリは、木材を栄養源としている昆虫です。日本における代表的な建築物害虫は、ヤマトシロアリとイエシロアリです。


・ヤマトシロアリ・・・水を運ぶ能力がないので、常に湿った材木中に生息し建物の下部材を主に加害します。加害速度は比較的遅い


・イエシロアリ・・・・・水を運ぶ能力があるので、湿潤な木材だけでなく、被害は全体に及びます。加害速度は激烈!古材よりも新材を好んで加害する。

 

 

 

事前調査から駆除までの流れ

@事前調査

現場により広さや状況など様々ございますので、現状を把握させて頂くためにお見積もりさせて頂きます。

     ↓

Aお見積もり・プラン提出

事前調査を踏まえお客様ごとに、オリジナルのオーダーメイドプランをご用意いたします。契約内容などご納得いただいてからの施工となります。

     ↓ 

B初回施工

十分な手間と時間をかけて徹底的に施工いたします。

      

 

保証期間中に再びシロアリが発生してきた場合は、駆除作業をさせていただきます。

 

▲このページのトップに戻る