ゴキブリ駆除ならファインクリーンへ愛知・名古屋・一宮・稲沢

現在日本では、約50種のゴキブリが分布していますが、よく出現が予想されるのは、一般家庭では「クロゴキブリ」、
飲食店・病院やホテル等の厨房では「チャバネゴキブリ」と呼ばれるゴキブリです。
ゴキブリは、病原性細菌や食中毒の原因になる病原菌の運び屋でもありますが、不快害虫として最も嫌われています。

 

faff.gif

 

弊社は、お客様の厨房状況・環境にあった駆除方法で施工いたします。
主には、ベイト駆除方式を採用いたしており、年間2回の施工と年間保守管理で「いない状態」を維持します。

 

 ベイト方式2.jpg

 

 

ベイト方式の特徴

@食器・器具の片付けなどの下準備が不要
A食器洗いなど、後片付けが不要
B臭いもほとんどありません
C営業中でも施工が可能
D化学薬品の使用を極力抑えた安全な駆除方法です  


施工回数は年2回で大丈夫??

施工回数は、問題ではありません。
毎月ベイト剤を施工したり、 薬剤を噴霧していてはゴキブリに抵抗性をつけてしまい、駆除が困難になってしまう事もあります。
初回の駆除に十分な時間と手間をかけ施工する事が重要なのです。もちろん、契約期間中にゴキブリが発生する事があれば何度でも再施工いたします

 

 

事前調査から駆除までの流れ

@事前調査

現場により広さや状況など様々ございますので、現状を把握させて頂くためにお見積もりさせて頂きます。
その際のお見積りはもちろん無料です。
 

     ↓

Aお見積もり・プラン提出

事前調査を踏まえお客様ごとに、オリジナルのオーダーメイドプランをご用意いたします。契約内容などご納得いただいてからの施工となります。

     ↓ 

B初回施工

経験豊かなスタッフが十分な手間と時間をかけて徹底的に施工いたします。

     ↓ 

C1ヵ月後

初回施工後、約一ヶ月でほとんどのゴキブリを見なくなります。
この時点で調査をし、まだ巣が残っているようであればその部分を再施工します。

 

     ↓

D半年後

半年後に再調査をし、ゴキブリが食べてしまったベイト剤や剥がれてしまったベイト剤
を補います。

     ↓ 

E一年後

当社が使用するベイト剤の効力は約1年です。
ゴキブリ ゼロ」を維持する為に更新をお願いします。

 

契約期間中にゴキブリが発生するようなことがあれば、当社で責任を持って対処します


 

▲このページのトップに戻る